ハンドメイド雑貨 Citron*ron ~handmade blog~

がま口など布小物作りと日々のつぶやき 
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   --:-- | Top
 
 

にしのあきひろ『えんとつ町のプペル展』in神戸別品博覧会

三ノ宮センター街でキングコング西野さんの光る絵画展をやってるというので見に行ってみた。

今年に入ってから西野さんのブログをチラチラ見て、こういう手法がいろんな人に支持されてるのねと思いながら
そんな近くでやってるなら、見に行ってみようと行ってみた。

この展示会、何の知識もなく臨むにはちょっと不親切な気がしないでもない。
絵本見てから臨んだらよかったなー。

見る順番を間違えたのか、まず人の多い、絵のかざってある方を見てみる。
この絵を見る前に簡単に本を作る過程と物語の簡単なあらすじとかが先にあって
話の順番に絵が並んでたらよかったのに
順路がどっちなのかもわからないし、ただ「きれいな絵だなー」くらいな感想になってしまった。

20170108.jpg


となりの部屋?にこの絵本を作る過程みたいなのが書いてあったのかな。
ちょっと読みにくく、人もいたし、全部読めなかった。

で、この絵本が売ってるでもなく、ポストカードやクリアファイルなどの関連商品が売ってるでもなく。

なんとなく物足りない感じでさらっと出てしまった。

帰りに近くの本屋さんでこの絵本「えんとつ町のプペル」が売ってたので買ってみた。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

えんとつ町のプペル [ 西野亮廣 ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2017/1/9時点)



漫才と同じく、話はわりと王道な感じではあったが、いい話。
絵もきれい。

きっと彼のフェイスブックやインスタやブログを欠かさず見てる人からしたら
この本に関する情報がたくさんあって読んでもさらに感動できるんだと思うんだけども
私には前情報が少なすぎた・・・

いい本だけどもこれだけたくさん売れてるのは彼の売る力のおかげなんでしょうね。

まずこの本を作る過程を見る。
売る過程を見る。
絵本を読む。
展示会を見に行く。

この順番で見るのがこの展示会の絵を「素敵だな」と思える正しい順番な気がする。

きっとまだまだ売れるんでしょう。
見習わないといけない部分、たくさんあるんでしょうね。
もう少し深く色々見てみたい気分になりました。

   00:26 | Comment:0 | Top
 
 
Comment
 






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
プロフィール
 

まさみ

 
ランキング参加中!
 
 
カレンダー
 
11 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
 
おすすめ
 
 
生地・副資材ショップ
 
 
レース・ボタン
 
 
かわいいスタンプ
 
 
カテゴリー
 
 
最近のコメント
 
 
リンク
 
 
最近の記事
 
 
かわいい雑貨・インテリア
 
 
月別アーカイブ
 
 
ブログ内検索
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。